歯科医師になるために考えるべきこと

###Site Name###

医療関係の仕事というのは、有資格であるものが多いのです。


命に関わったりするので、専門的な知識が必要であるからです。

国家資格をしっかりと取得した人ができる仕事が医療関係なのです。
医師や歯科医師、薬剤師、看護師など、いろいろな資格があります。



これは専門的な勉強が必要になるので、それなりの進路選択をする必要があるのです。中でも歯科医師というのは、大学の歯学部で勉強をして専門知識を得るようにしなければ、取れない資格なのです。

歯学部は6年間であり、その間に医学的な勉強もしますし、実習や実験なども数多くこなすことになります。解剖実験や病院実習などもあります。

ですから、かなりハードな学生生活になるのです。

それでも患者の治療をするという目的のために学ぶのです。


歯学部に入るには、受験勉強をしていく必要があるのですが、国公立の大学ではセンター試験もありますし、かなり難易度が高くなります。



ほとんどの科目をしっかりと勉強する必要があるからです。

私立大学はかなりたくさんあるのですが、上位の大学である東京歯科や昭和、日大、日本歯科などでは科目は絞れるものの、これもやはりかなり勉強をしっかりとやる必要があるでしょう。
その上、私立の場合では学費が高額になるので、その準備も必要になります。
6年間で3千万円程度かかるのは当たり前なのです。

経済的なことを考えると、国公立に入ることができるのなら、それに越したことはないでしょう。