歯がしみた時でも歯医者に行けるか

###Site Name###

歯がどうしても痛くなった場合に歯医者に行くことが多いです。

このような時は虫歯があることを自覚しており、虫歯治療のために行きますが、虫歯はなさそうなのに歯がしみてどうしようもないという時は歯医者に行くか悩むことがあります。歯がしみる原因は冷たい水でしみるのか、温かい水でしみるのかによって異なります。
冷たい水でしみる場合は冷たいものがしみてしまう知覚過敏の場合や詰め物が取れてしまった場合、詰め物が取れていなくても、その周りに見えない虫歯ができてしまった場合、以前虫歯治療をして、かぶせたり詰めたりしたが、その虫歯が深く、歯髄炎を起こしてしまっている場合があります。

一方温かい水の場合は、歯の神経に問題が多いことがあり、神経が炎症を起こしていたり腐りかけていたりする、歯髄炎や歯根膜炎の可能性があります。


知覚過敏は専用の歯磨き粉も出ていますが、歯磨きの際はぬるま湯でうがいをすると症状が和らぎます。

新秋津の歯医者についての情報を提供しています。

ですが、歯がしみるということは歯や歯茎に何らかの原因がある場合にしか出てこない症状なので、歯医者に早めに診てもらうことが大切となってきます。

歯医者ではレントゲンを撮ることによって、虫歯の深さや、虫歯の有無がわかります。



また、歯茎に関しては少しずつ押すことによって、どのくらい弱くなっているのかがわかります。

虫歯の時だけ歯医者にかかるのではなく、少しでもおかしいなと感じたときは早めに歯科医院に行くと安心です。

よく利用されているM3Q情報を簡単に請求できます。